您好!欢迎来到日韩道教育,体验日韩语纯正之道!QQ咨询|在线咨询

日本人的精神追求是怎样的?

时间:2019-10-28 13:38 阅读: 作者:未知
摘要:
日本人的精神追求是怎样的?日本是一个神奇的国度,他们在行为礼仪上有着严格的要求,所以在待人处事方面会让人感受到尊敬。如今出国留学已经成为一件很平常的事情,即将到日本留学的小伙伴也会面对很多的日本同学,想要友好的和他们相处,就要了解好有关他们

  日本人的精神追求是怎样的?日本是一个神奇的国度,他们在行为礼仪上有着严格的要求,所以在待人处事方面会让人感受到尊敬。如今出国留学已经成为一件很平常的事情,即将到日本留学的小伙伴也会面对很多的日本同学,想要友好的和他们相处,就要了解好有关他们的行为已经文化,接下来小编就带大家透过日本精神和日本人的行为模式,去深入的了解下日本文化。

日本人的精神追求是怎样的

  学习日语,了解日本文化是一件很重要的事情,可以帮助大家对于语言的理解,接下来我们就来看一下他们的精神追求是怎样的吧。

  恩

  恩とは、人から受けた恩恵に対して、社会的、心理的な義務を負うことをいいます。武家社会で主君が従者に土地を与えたことに語源があります。日本の社会は、封建社会を脱してからまだ120年ぐらいの歴史しかありません。基本的には今でも縦社会といえます。そのため、目上の者は目下の者の面倒を公私にわたり見ることが多く、その代わり、目下の者は目上の者に恩を感じて敬意を払い、忠誠を尽くす、という傾向があります。

  人から受けた恩を忘れることは、倫理上許されません。ただし、他の伝統的日本の心情と考えられるものと同じく、徐々にそのような傾向は薄れつつあることもまた事実です。

  所谓的“恩”是指受到他人给予的恩惠后,背负起一定的社会、心理方面的义务。这一词最初起源于武士执政时期主君赐予随从人员土地这一行为。日本脱离封建社会才不过120多年,如今基本上也还算是重视身份阶级的社会。因此,人际关系会有这样的倾向——上司、长辈于公于私常对下属、小辈照顾有加,而下属、小辈则对上司、长辈表示感恩、心怀敬重,并竭尽忠诚。

  忘恩在伦理上是不可饶恕的。只是,和其他一些传统日本想法一样,这种传统意识也在慢慢变得淡薄,这也的确是事实。日本人的精神追求是怎样的?

  義理

  日本的な情念・倫理の概念は、英語に正確に翻訳することは大変困難です。義理も英語に同じ概念はありません。封建社会の中で形成された義理の概念は、主従、親子、夫婦、兄弟、朋友、(時には敵や取引先)という人間関係の中で最も重視される規範であり、しいていえばこれらの関係の中で恩を受けた相手を思いやりいたわり、時には自己を犠牲にしてまで相手の幸せを実現する決意のことです。

  大和感情、伦理概念要想准确地翻译成英语是十分困难的,英语中也没有“義理”这个概念。在封建社会中形成的所谓“情义”在主仆、亲子、夫妇、兄弟、朋友、(有时则为敌人或者客户)这些人际关系中是最被人们所重视的规范。如果硬要说的话,情义应该是这样一种决心,即在这些关系中受到恩惠的人对赐予恩惠的一方给予关怀、照顾,甚至有时宁愿牺牲自己也要让对方得到幸福。

  具体的な社会的慣習となって現れる義理は、例えば便り(年賀状など)、贈答(歳暮、中元など)などですが、主体的に行動する場合は、相手が窮地に陥っているときに自己の不利益を顧みず助力することを意味します。

  具体到社会习俗的话,情义表现为书信(贺年卡等)、互赠礼品(年末、中元节等)等,如果是个人主动行为,则指在对方陷入困境时不顾自己的利益出手相助。

  人情

  人情とは、ふつうには親子や恋人同士や友人知人などの間に通いあう愛、同情、憐れみ、友情などの人間的な感情をいいますが、日本社会ではもう少し特殊な意味を持っています。人情は義理と対比されることが多く、義理が人に受けた恩義に報いるという人間関係の規範であるのに対し、人情は他人に対する感情の自然な発露です。「人情に厚い」といえば優しく思いやりがある人を指しますが、同時に義理を欠いては社会の成員として一人前とは見なされません。

  結局、義理と人情は、伝統的に日本の庶民社会の人間関係を律する2大要素でした。もちろん現代社会にも脈々として受け継がれています。

  人情一般指亲子、恋人、朋友熟识等关系之间出现的人类感情,比如爱、同情、怜悯、友情等,但是到了日本社会,这个词被赋予了一些特殊的意义。人情很多时候都会被拿来跟情义做比较,情义是指人际关系中报恩这一规矩,相比之下,人情就是对他人感情的自然流露了。说到日语中“人情に厚い”这一表达,指的是待人亲切、会体谅他人的人,但同时若缺少了情义,作为一名日本社会成员来说是不够格的。

  说到底,情义和人情是传统日本平民社会中约束人际关系的2大要素。当然,在现代社会中也会被人们代代相传下去。日本人的精神追求是怎样的?

  恥

  恥の意識は日本人の精神の中核をなすといわれています。これは社会人類学者ルース・ベネディクトが、西洋の「罪の文化」に対して日本を「恥の文化」と規定したことから広がった認識です。

  西洋では罪という絶対的な倫理基準が人々の行動原理をなしていますが、日本では内的な原理ではなく、外的な恥という感情が行動を律しているというわけです。このような単純化にはさまざまな批判があります。西洋人にも日本人と同じ意味での恥の意識はあるし、日本人にも内的な道徳律がある、というわけです。しかし日本人が恥を重視するのは確かです。特に封建時代の武士にとっては、人前で恥をかくことは死に価したのです。

  羞耻意识被称为构成日本精神的核心。这是社会人类学家Ruth Benedict提出并传播开来的一种认识,即相对于西方的“罪感文化”,日本是“羞耻文化”。

  在西方,罪这一绝对伦理基准构成了人们的行为原理,而日本用来约束人们行为的不是内在原理,而是羞耻这一外在感情。如此简单化的判断引来了各种批判,因为和日本人一样,西方人也有同种意义上的羞耻意识,日本人亦有内在道德规范。但是,日本人羞耻之心特别重也是事实。特别是对于封建时期的武士来说,在人前蒙羞足以令其赴死。

  日本人的精神追求是怎样的?关于日本人的精神文化,小编就和大家说这些,如果大家对日本文化感兴趣的话,也可以自己去查找更多资料。

上一篇:济南学日语:日本为什么没有教师节?
下一篇:济南日语学习:中日双语阅读之烦恼是年轻人的特权!

更多日语阅读

【3课时】体验课
领取免费试听课
点击查看全部师资力量

师资力量

36名面试者中选取1名培养
经过4项考核标准
四轮筛选制度

苛刻严格的教师录用标准

电话:0531-86038817

QQ:在线顾问

地址:历下区历山路142号凯旋商务中心A座

Copyright©  济南市朗阁外语培训学校  鲁ICP备11019166号-5 Power by DedeCms版权所有   技术支持:济南市朗阁外语培训学校