您好!欢迎来到日韩道教育,体验日韩语纯正之道!QQ咨询|在线咨询

济南日语学习:を的易错点解析

时间:2018-09-14 17:59 阅读: 作者:济南日韩道
摘要:
最近我们发现很多济南日语学习都会将助词「を」用错,那怕是已经到N2、N3级别的小伙伴也不例外。在这为了帮助济南日语学习的小伙伴不再用错助词「を」,济南日韩道培训老师就为大家详细的讲讲助词「を」的用法。

  最近我们发现很多济南日语学习都会将助词「を」用错,那怕是已经到N2、N3级别的小伙伴也不例外。在这为了帮助济南日语学习的小伙伴不再用错助词「を」,济南日韩道培训老师就为大家详细的讲讲助词「を」的用法。

济南日语学习:を的易错点解析

  助词「を」有两大功能:

  (1)他動詞の目的語の提示/提示他动词的宾语

  (2)移動動詞の通過点の提示/提示移动性动词的通过点

  由于助词「を」“提示他动词的宾语”的功能很容易,所以就不再讲解。接下来主要分析下助词「を」的“提示移动性动词的通过点”的功能。

  首先,移动性动词有以下几类:

  ①移動の範囲全般に重点を置くもので、「を」で範囲を表す

  重点在移动的整个范围,用「を」表示范围

  例:泳ぐ、登る、降りる、歩く、曲がる、走る、飛ぶ

  ②移動の通過点に重点を置くもので、「を」で通過点を表す

  重点在移动的通过点,用「を」表示通过点

  例:通る、渡る、越える

  ③移動の離脱点に重点を置くもので、「を」で離脱点を表す

  重点在移动的脱离点,用「を」表示脱离点

  例:出る、去る、卒業する、出発する

  之所以会用错,是因为大家将「を」的用法与「で」表示动作进行的场所的用法、与「に」表示存在的场所的用法混为一谈。

  请大家务必牢记,「を」接续移动性动词的用法。

  但是,如果说移动性动词的前项一定是使用助词「を」表示场所,倒也未必如此。

  下面我们在做几个小练习:

  请大家阅读以下句子并判断正误。

  a 川を泳ぎました。

  b プールで泳ぎました。

  c 川を泳いで渡りました。

  d プールの第2コースを泳ぎました。

  都完成了吗?下面一起来核对下吧,答案如下:

  a 川を泳ぎました。(☓)

  → 川で泳ぎました。

  b プールで泳ぎました。(○)

  c 川を泳いで渡りました。(○)

  d プールの第2コースを泳ぎました。(○)

  可能大家会经常使用a的说法,但是请注意,这是错误的。

  关于「を」和「で」的不同点,这里想借用日本有名的语言学研究者久野暲著的《日本文法研究》中的解说:

  名詞+を:動詞によって表される運動が、名詞によって表される距離または空間の全範囲(あるいはかなりの部分)にわたって続けて一方向に向かって行われることを示す。

  「を」后项的动词所表示的运动,是在「を」前项的名词所表示的距离或者空间的整体范围内,朝着一个方向进行。(ps:具有连续性)

  例:川を泳いで渡りました。

  プールの第2コースを泳ぎました。

  名詞+で:動詞によって表される運動が、名詞によって表される距離、または、空間のごく一部分で、必ずしも連続的、一方的でなく行われることを示す。

  「で」后项的动词所表示的运动,是在「で」前项的名词所表示的距离或者空间的极小一部分、未必是连续性的、朝着一个方向进行。

  例:プールで泳ぎました。

  川で泳ぎました。

  总结:「川を泳いで渡る」,「渡る」是关键词,表示“横渡”,也就是由河岸的一边游到另一边,具有朝着某一个方向移动意思,有连续性。所以要用「を」。「プールの第2コースを泳ぎました」也是如此。而「川で泳ぐ」,只是强调在空间范围内运动,是否朝着某一个方向,是否具有连续性,不明确。所以要用「で」。

  好了,以上就是为济南日语学习的小伙伴介绍的助词「を」的用法,大家看完之后是不是不会再用错了呢!

上一篇:济南学习日语:とても是否可以作为书面语?
下一篇:济南日语学习:授受动词你学会了吗?

更多日语语法

点击查看全部师资力量

师资力量

36名面试者中选取1名培养
经过4项考核标准
四轮筛选制度

苛刻严格的教师录用标准

电话:0531-86038817

QQ:欧风小语种在线顾问

地址:历下区历山路142号凯旋商务中心A座

Copyright©  济南市朗阁外语培训学校  鲁ICP备11019166号-5版权所有   技术支持:济南市朗阁外语培训学校